今後需要が高まる事が予想され看護師の求人。そんな看護師の仕事場は今変わりつつあるとか。それはどういうことか?解明します。
Show MenuHide Menu

看護師の仕事場は変わりつつある!?

市場としては実に売り手の状況なのが看護師の求人です。

▼例:滋賀の看護師 求人・募集・転職|ナースではたらこ

昔から看護師が足りないとずっと言われ続けている状態ですが、これからも看護師の需要は更に高くなるでしょう。

でも、看護師の仕事が変わってきているのも実際のところのようです。

例を挙げると、まず診療が細分化や専門化してきたことだそうです。

2008年より厚生労働省の通知により、診察科の表記の仕方が変更になりました。

従来の外科とか内科などの大きい括り方から以下のように変わってきました。

1.頭部、頚部、胸部など患部の部分ごとに分ける

2.ガンや腫瘍、感染症など病状名や疾病名で分ける

3.小児、新生児、周産期など感謝の特性によって分ける

4.薬物療法、形成、心療など医学的な処置の方法によって分ける

など。

大規模の総合病院や大学病院においては、以上のような表記の所が増え、更なる細分及び専門化が期待出来るようにかり、高レベルな技術と知識が求められている訳です。

看護師の責任や業務内容は負担大となっても、それだけやりがいも大きくなるので、スキルを向上したい人にも求人は相当ありますよ。

尚、看護師の仕事場の変化として、もう一つ挙げられるのは高齢化社会に伴う介護関連の仕事も増えた事。

 

少子高齢化社会の進行に伴い、増えた高齢の方を介護する求人が多くなっている為、これからの看護師の主となる仕事は、医療補助の技術よりも介護となるかも。

今の就業は病院などが殆どですが、これからは老健や介護施設などでも就業する機会が多くなってくる事でしょう。